トリキュラーやダイアン少ない副作用のピル

ピルは、避妊だけでなく、女性のホルモン分泌のバランスをコントロールして、体調を整える効果があります。
例えば、月経前緊張症といわれる、生理予定日の直前にあらわれるイライラや発熱、頭痛などの症状や、生理不順などが挙げられます。
これらの症状が重い場合、トリキュラーをはじめとする、低用量ピルを服用し、生理周期を安定させることで改善されることがわかっています。
また、主にアジア地域の小柄な女性向けとされるのが、トリキュラーやダイアン少ない含有量で、安全性が高いとされている低用量ピルです。
現在、日本国内で、医師によって処方されている一般的な低用量ピルは、トリキュラーです。
トリキュラーの特徴は、自然なホルモン分泌のパターンに合わせて、有効成分の含有量が3段階に調節されている点です。
そのため、とくに初めて使用する場合は、正しい服用の順番を確認することが大切です。
そして、ダイアン少ない副作用で、ホルモンバランスのコントロールをすることによって、避妊の目的以外にも、ニキビなどの肌トラブルや炎症の改善、男性ホルモンが原因の脱毛症などにも効果が期待できます。
このように、低用量ピルのなかでも、人気のあるトリキュラーやダイアン少ない副作用と、使用方法のわかりやすさが人気の理由です。
体質によっては、副作用として頭痛や不正出血、むくみなどがあらわれるケースもありますが、黄体ホルモンや卵胞ホルモンが流入することによる一時的なものであることが多く、中容量や高容量のピルのように重くないとされています。
症状が続いたり、とくに心配な場合は、医師に相談することが大切です。
血栓症の治療薬など、ピルと同時に服用することが禁忌とされている薬もあるため、注意が必要です。