年間に掛かる不妊治療の費用

最初は保険診療の範囲内での一般不妊治療をしていきます。
ホルモン療法やタイミング療法などを行い、3割負担で治療費は一回数千円です。
次の段階である高度生殖医療(人工授精や体外受精)は自由診療ですので保険がききません。
人工授精は二万円前後、体外受精は20万円~60万円ぐらいと、病院によってかなりの幅があります。
不妊治療において、ピルとして使われているトリキュラーが使われることがあります。
トリキュラーの作用によって生理が来ることはありませんが、生理周期の安定やリセットに使われます。
また、体外受精の採卵日程のコントロールにも使われることがあります。
排卵を止めて不要な内膜や膿腫を萎縮させることが目的です。
卵巣膿腫や子宮内膜症がある場合はこれで病気の進行を抑えることができるようになります。
黄体ホルモンの値が低いと妊娠初期の流産に繋がりますのでトリキュラーで補充することもあります。
これで子宮内膜が維持できるようになり、受精卵着床を助けることになります。
人工授精をする場合は保険がきかない部分が多いです。
排卵前や排卵後のチェックで毎月頻繁に通院しなくてはなりませんので治療費が高額になります。
一般不妊治療から始めて人工授精までいったとすると、最初の一年で薬代も含め30万円近くかかります。
医療費控除の確定申告を行えば控除を受けられます。
その年に使用した不妊治療費(体外受精・顕微授精)の他、市販薬や通院・入院の交通費も申告できます。
また、高額な高度生殖補助医療は自治体から「特定不妊治療費助成」という補助がでます。
体外受精や顕微鏡下授精がこれにあたり、治療1回当たり上限10万円を年に2回通算5年間補助を受けられます。
自治体によっては制限が多くありますので事前に調べておきましょう。