結婚前のブライダルチェックとは?

結婚前にぜひ女性に受けていただきたいのがブライダルチェックです。ブライダルチェックとは赤ちゃんができる体なのかどうかを詳しく検査するもので不妊や流産の原因がないか調べたり、産まれてくる赤ちゃんへの影響がある可能性がある糖尿病についての検査をします。病院や施設によって検査の内容は異なります。このチェックを受けることで事前に赤ちゃんが授かりにくいとわかっていれば結婚後すぐに不妊治療などの対応ができます。近年晩婚化が進み結婚後ゆっくり自然に授かることを待っていては高齢出産のリスクが高まってしまうというカップルも多いです。そんなカップルの家族計画のためにもおすすめいたします。
ブライダルチェックで問題がなく、結婚後しばらくは夫婦二人の生活を楽しみたいといったカップルにはトリキュラーなどの低用量ピルの服用をご提案します。トリキュラーに代表される低用量ピルは排卵を止めたり精子が子宮に入らないようにしたり、もし子宮に入っても着床しないようにする働きのあるお薬です。
このお薬は生理の1日目から1日1錠毎日同じ時間に飲みます。生理の1日目からきちんと飲み続けていればすぐに避妊の効果があります。また、トリキュラーを服用することで体内のホルモンバランスが整うので、生理の前のイライラや体調不良などのPMSが酷いという方にも病院で処方されています。生理中の頭痛や腹痛など生理による体調の変化を改善する効果もあり、毎月生理の時期が憂鬱といった方にもおすすめです。さらに生理のサイクルに影響を与えるピルで生理不順が解消され、いざ赤ちゃんが欲しいとなった時にも妊娠のタイミングを掴みやすくなります。
まだ赤ちゃんを授かるには早いとお考えのご家庭や結婚前のカップルでは避妊は大切です。赤ちゃんを迎えられる時が来るまでは、女性が飲むだけで確実な効果が得られるトリキュラーを活用して毎日の生活を楽しんでいただきたいと思います。