21日服用のトリキュラーで排卵痛を緩和させる

最近は、男性と女性の性交渉における妊娠を防ぐ方法として、低用量のピルを服用するという女性が増えています。これは高い避妊率を誇っていることや、女性が主に避妊に取り組めるということで、それなりにメリットがあることから広まりつつあるのです。
多くの女性がその避妊の確実な効果を期待して飲むのですが、毎日飲む必要があります。女性の生理周期を28日に整えるために、21日型の錠剤と28日型の錠剤があるのです。しかし、28日型の最後の7日間は彫るオン剤が入っていないので、21日型と同様になります。
ピルの効果としては避妊のほかにも、生理痛や排卵痛を緩和させたり、生理日を調整したりでき、さらには女性ホルモンを含むので、ニキビなどの肌あれを予防することもできるのです。生理痛は知られていますが、排卵痛というのは排卵時にお腹が痛むものです。感じやすい人とそうでない人とで体質が異なるものです。
数ある低用量ピルでも一般的に人気のあるものとしてトリキュラーというピルがあります。こちらは産婦人科などの医療機関でも処方してもらうこともできますし、海外からの個人輸入による通販で購入することもできるのです。トリキュラーは、医療機関では1か月1シートあたり3000円程度の費用がかかりますが、通販ではまとめて複数購入することで1000円以内に抑えることもできるのです。
このように、21日型のトリキュラーなどを購入、服用することで避妊をするだけでなく、ひどい生理痛の人や排卵痛のある人の痛みを緩和することができたりするのです。まずは専門の医師に相談しながら処方してもらうようにするといいでしょう。そして、快適な毎日を送りたいものです。